ゆのの気ままな韓国Drama Review

韓国のドラマや映画、バラエティー番組の各話レビュー<ネタバレ含>

ホテルデルーナ 第6話

f:id:catmaruten:20191229200254j:plain

☆あらすじ(全体)
1998年のある日、幽霊しか入れないはずのホテルデルーナに、生死をさまよう人間が入ってきてしまう。
デルーナの社長であるチャン・マンウォル(IU)はその男を助ける代わりに、
男の息子が大人になったらデルーナに引き渡すという条件を提示する。
2019年、20歳の誕生日にデルーナへの招待状を受け取ったク・チャンソン(ヨ・ジング)は、
20年前マンウォルに命を救われた男の息子だった。
デルーナで働くことを決意したク・チャンソンは、マンウォルと共に幽霊のおもてなしをしていくのだが…。

【キャスト】
チャン・マンウォル(IU)
ホテルデルーナの社長。
月のように孤高で美しいが、気難しくて疑い深く、欲張りで贅沢な性格。
ある罪を償うため、約1000年もの長い間デルーナで働いている。
ク・チャンソン(ヨ・ジング)
ホテルデルーナの支配人。
ハーバード大学出身の超エリートホテリアー
完璧主義者で生意気だが、実は気が弱く優しい男。
チ・ヒョンジュン(P.O(Block B))
ホテルデルーナのフロントマン。
礼儀正しく優しいが、働くことが嫌いな少年。
デルーナに70年以上勤務している。
キム・ユナ(ミナ(gugudan))
ホテルデルーナのインターン生。
ある事件をきっかけにデルーナで働くことになる。
秀才でしっかりした女子高生。
キム・ソンビ(シン・ジョングン)
ホテルデルーナのバーテンダー
500年以上デルーナで働いており、社長の次に長い勤務歴をもつ。
チェ・ソヒ(ペ・ヘソン)
ホテルデルーナの客室長。
勤務歴200年。竹を割ったような性格と美しい見た目を兼ね備えている。

★感想

仕方ないのですが、死者の傷口が毎回えぐいですね…なんか数年前って韓国ドラマってそういうのモザイクだったイメージですが規制が変わったんだなって思います。

 

今回の出だしの会話で転生で福の神や家畜になるや、悪霊の存在霊にもいろいろあるのだなと。

前半の霊が日本映画の『リング』みたいでした。画面からでてくる系怖いです。

この霊のお話かと思ったら、今回は違ったみたいでこの霊が何者なのか気になります。

ユナとヒョンジュンの関係も気になります。学校での逢瀬なんかいい感じ!一緒にピアノ弾くシーンは美しさと切なさがあふれていました。

今回のお客様は、「王様」が来ます。そのためホテルの従業員たちは張り切ります。しかし、チャンソンは何代目の王?ってなってて、本当に王様?かが謎なお客様に疑ってかかります。

そして、調べていくうちに「王」ではなく「王を演じるはずの役者」だったことがわかります。自分が演じるはずだった役をやることになった役者が大根役者で成仏できないでいるみたいな感じでした。そして、憑依して名演技を演じて満足して成仏するというお話でしたが、しかし、その幽霊に憑依される側の演技もすごいですね。大根役者から名優を演じなきゃいけないんですから。私個人的にこの俳優さん好きだったので、好きなドラマで見れてうれしいです。そして、なんと大食いの人も登場~このひとのごはん関係のバラエティー番組好きなのでご本人登場うれしいです。

 

なんか、今回マンウォルのチャンソンへの想い?執着?が強くでてる回だった気がします。これから、この二人はどうなっていくのか…チャンソンは誰かの生まれ変わりなのか…


IUやヨ・ジングの出演作品をU-NEXTでは多数配信中