ひぃの気ままな韓国Drama Review

韓国のドラマや映画、バラエティー番組の各話レビュー<ネタバレ含>

シティーハンター in Seoul 第1話

f:id:catmaruten:20200622182830j:image

 ☆あらすじ
1983年、政府要人「5人会」により北朝鮮への報復テロの任務を受けたムヨルら工作員は、「5人会」に裏切られ抹殺。ムヨルにかばわれ唯一生き残ったジンピョは復讐を決意し、ムヨルの子を母元から奪って東南アジアへ渡る。ジンピョによりユンソンの名づけられた子供は厳しい武術の特訓を受け、成長。実父の死の真相を知り…。


【キャスト】
イ・ユンソン…イ・ミンホ
養父ジンピョと共に東南アジアで戦場を渡り歩き、その中で高い格闘能力を身に着けた。彼をかばって片足を失ったジンピョに代わって「5人会」への報復を果たすべく、帰国しソウルへ向かい、国家地図安全通信網チーム職員という表向きの顔を手に入れた。表向きは軟派なプレイボーイを装う中で「5人会」への社会的制裁のために行動し、いつしか世間からシティーハンターと呼ばれるようになる。

キム・ナナ…パク・ミニョン
大統領の娘ダヘを警護する警護官。いくつもアルバイトを掛け持ちする中ユンソンと出会い、父の手術費を立て替えたことが縁で彼の専属運転代行となる。ユンソンとは何度も衝突するが、そのうちにお互い惹かれあってゆく。過去に自動車事故で母を亡くし、父は昏睡状態となってしまい、それ以来厳しい経済状況にある。

キム・ヨンジュ…イ・ジュニョク
ソウル地検特捜部の若きエリート検事。強い正義感の持ち主で、圧力や脅しに屈せず正義を貫く。仕事に没頭するあまり、妻セヒとの間のすれ違いがもとで離婚しているが、お互いを想う気持ちは変わっていない。シティーハンターを捕まえるべく捜査する中、シティーハンターの正体がユンソンなのではと感付き、彼を追う。


★感想

ことの発端は、 実際にあった事件をもとにしたお話みたいです。

国からの指示で、報復を実行したチームが裏切られ全員殺されます。

生き残った一人が復讐を誓います。そして、死んだ仲間の子供を誘拐し復讐するために殺人のすべを厳しく教え育てます。

第1話は、ことの発端とユンソンがどうやって育てられたかというお話でしたが、時代観を考えるとなんかありそうだなーという感じと、日本のシティーハンターを若干想像してみたのでまったく別の話じゃんという感じではありました。

 

でも、事の発端から考えてもジンピョはなんで親友の子供を誘拐して復讐の兵器に育て上げたのか、なんか変なのーって感じでした。奥さんに「ムヨルは死んだ。幸せになって。それには子供邪魔だ。」という内容の置手紙もなんで子供邪魔?独身って言って再婚しろと?なんで?と思ってしまいました。

あと、鬼教官みたいなジンピョから考えて、ひたすら訓練のみの生活でなんであんな陽気な性格の子供が育つのか謎すぎました。相手が裏切りものだとしても人を簡単に殺す人の元で育って、大事な人を傷付けたくないって思いが育つことあるのか?と気になってしまいました。

 

ただ、地雷を踏んでしまったユンソンを助けようとしたときの、ジンピョは父親の顔しててちょっと感動してしまいました。「お前のためなら足の1本くらいなくなってもかまわない」って、あぁ非情さだけではなく、父の一面も持ち合わせいたんだなと。

 

そして、父の「死」真実を知り韓国に降り立つとこまでが第1話ですが、ナナが全く出てきていないので、今後どんなラブロマンスが繰り広げられるのか楽しみです。

 

 

イ・ミンホ、パク・ミニョンの出演作品多数