ひぃの気ままな韓国Drama Review

韓国のドラマや映画、バラエティー番組の各話レビュー<ネタバレ含>

シティーハンター in Seoul 第6話

f:id:catmaruten:20200622182830j:image

 ☆あらすじ

自分の家がユンソンに買われたことを知ったナナは、金で人を弄ぶなと怒りをぶつける。助けようとするつもりがナナに一蹴され、ユンソンもつい冷たい態度に。結局ユンソンはナナが家事をすることを条件に一緒に住むことを提案、ナナも受け入れる。一方、ヨンジュはソ候補狙撃事件とシティーハンターの関連性を疑い始める。

 


【キャスト】
イ・ユンソン…イ・ミンホ
養父ジンピョと共に東南アジアで戦場を渡り歩き、その中で高い格闘能力を身に着けた。彼をかばって片足を失ったジンピョに代わって「5人会」への報復を果たすべく、帰国しソウルへ向かい、国家地図安全通信網チーム職員という表向きの顔を手に入れた。表向きは軟派なプレイボーイを装う中で「5人会」への社会的制裁のために行動し、いつしか世間からシティーハンターと呼ばれるようになる。

キム・ナナ…パク・ミニョン
大統領の娘ダヘを警護する警護官。いくつもアルバイトを掛け持ちする中ユンソンと出会い、父の手術費を立て替えたことが縁で彼の専属運転代行となる。ユンソンとは何度も衝突するが、そのうちにお互い惹かれあってゆく。過去に自動車事故で母を亡くし、父は昏睡状態となってしまい、それ以来厳しい経済状況にある。

キム・ヨンジュ…イ・ジュニョク
ソウル地検特捜部の若きエリート検事。強い正義感の持ち主で、圧力や脅しに屈せず正義を貫く。仕事に没頭するあまり、妻セヒとの間のすれ違いがもとで離婚しているが、お互いを想う気持ちは変わっていない。シティーハンターを捕まえるべく捜査する中、シティーハンターの正体がユンソンなのではと感付き、彼を追う。


★感想

 ナナの家を買い取ったユンソン。それを知ったナナは激怒します。

そして、素直にそのまま住み続けていいよと伝えられないユンソンがとてもいじらしいです。伝える練習までしますがナナは怒りのまま家を出ていきます。

おうちの治安確認や安全性をチェック、ナナを守ろうとするユンソンいいです。

 

ずっとソ大統領候補の手下がずっと尾行します。

 

そこから、そのままゴタゴタその部屋に住む住まない論争繰り広げて、ユンソンはある提案を思いつきます。そして、ナナに提案します。それは、ナナが掃除などを全部やる代わりに一緒に住んでいいということ。

その時の、いいこと思いついた!って感じのユンソンが本当に可愛いです。ずっとナナに良かれと思ってやっていることを素直に表現できなくて喧嘩になってばかりなのが、なんとももどかしい回でした。

二人での共同生活も、なかなかかみ合わず言い争いになってばかり。この生活はそうなっていくのやら。

 

ソ大統領候補とマルス社ハドソンの密会内容を探るため、二人が訪れたホテルにお客として隣の部屋に侵入するユンソン。そして、そのホテルに知人の誕生会に招かれたヨンジュとセヒも訪れてました。ソ大統領候補とハドソンが部屋に向かう姿を偶然見かけたヨンジュは後を追っかけ二人に忠告します。

その密会を盗聴したユンソンは、ソ大統領候補がハドソンから不良品の軍事設備を購入約束するのを知ります。

 

ソ大統領候補を追っかけて行ってしまったヨンジュにあきれて、一人バーでお酒を飲むセヒ。そこに、たまたまユンソンが訪れ一緒にお酒を飲むことに。

そして、そのホテルは翌日ソ大統領候補が会見を開く準備のためナナも訪れていました。なんか、これは何かが起きそうな感じがします。

お酒を飲んでいる最中にユンソンにお酒を零してしまうセヒ。弁償するといい着替えに部屋に向かいます。そこで、部屋に向かう二人を見つけて急いで後を追うヨンジュ。

ナナはソ大統領候補に部屋にある資料を取ってきてほしいと頼まれいわれた部屋に向かいますが、なんと部屋番号をド忘れてしまいます。(部屋番号忘れるってSPとしてポンコツすぎでしょと笑ってしまいました…)ナナがノックした部屋から現れたのはシャワー後らしきユンソンと、そしてセヒでした。そこに、追っかけてきたヨンジュも現れます。これは、なんとも波乱の予感しかしない展開です。

 

いままで勝手に最初はヨンジュさえないキャラだなと思ってましたが、ちょっとづつかっこよさがでてきてて、もっと活躍してほしいと思っちゃいます。

 

 

イ・ミンホ、パク・ミニョンの出演作品多数